矯正歯科治療Q&A

・抜歯による矯正を回避できる可能性が高いこと。
・歯の外傷の予防。
・アゴの偏った成長(顎変形症)の予防。

以上の3点が、早期から矯正を始めるメリットと考えられます。大人になってから治療をスタートした場合、治療期間は1回で済むぶん短くなりますが、抜歯による矯正を提案せざるを得ないことが多くなります。出っ歯のお子さんは、歯を打撲する危険があるので早めの矯正をおこなって前歯を引っ込めることをおすすめします。アゴが曲がってきた場合は顎変形症に移行する可能性があるので早めの対応が大切です。

 ある調査 1) によれば12歳~14歳児の不正咬合の発現頻度は 53.2%、他の調査 2) では11歳~14歳児の34.1%が「矯正治療必要性あり」と判定されています。実際に治療を受けている人数は、地域や調査方法によって差があるものの、およそ10%前後と捉える説が多いようです。アメリカでは、12~17歳の白人27.4%、ヒスパニック(中南米系)11.7%、黒人6.2%が矯正治療を受けています 3)。日本における矯正の普及率は、アメリカのヒスパニック社会とほぼ同じ割合といえます。日本人の経済的水準を考慮すれば、日本では矯正が「まだ行き渡っていない」とする見かたが一般的です。

矯正歯科の受診層で最も多いのは未成年で、全体の60%を占めます 4)。未成年の男女比は 4:6で、やや女子が多いものの、男子の受診も多くみられます。 成人になると女性の割合が圧倒的に増えます。成人男性の受診割合が極端に少ないことが特徴です(図)。 これからの男性は「見た目」にもっと関心をもっていただき、「差別化のツール」として矯正を、というのはいかがでしょうか。矯正装置をつけている男性は真面目な印象を与えます。健康に対して「前向き」と受け止められて、周囲から好印象を得られるのではないでしょうか。

図. 矯正歯科を受診する患者さんの年齢階級 4)

 

 

 

 

 

 

参考資料
1)須佐美隆三他:不正咬合の発現に関する疫学的研究.日本矯正歯科学会雑誌1971;30:221-229
2) 渡辺厚他:日本におけるIndex of Orthodontic Treatment Needを用いた不正咬合の疫学調査.日本矯正歯科学会雑誌2009;68:142-154
3) 新版プロフィトの現代歯科矯正学.クインテッセンス出版,2004:p21
4) 影山康子他:矯正歯科治療後における患者および保護者へのアンケート調査.日本矯正歯科学会雑誌2011;70:7-20

このページの先頭へ

  • 小児矯正
  • 成人矯正
  • 矯正中の虫歯予防
  • 矯正治療の流れ
  • 矯正歯科治療Q&A
  • インビザライン
  • 裏側からの矯正
  • 料金表
  • スタッフ募集